神奈川県横浜市の注文住宅は、榮彩建設へ

注文住宅(横浜)TOP > 榮彩の注文住宅 > 基本構造・性能(E-Style工法)
基本構造・性能(E-Style工法)

榮彩建設は、高強度で調湿能力もある構造体用集成材を使用し、信頼の接合金物「テナンビーム」でジョイントした軸組躯体を通し柱全てに標準仕様に採用しております。

E-STYLE

従来、木造住宅の構造体は経験を積んだ職人大工が1本1本の柱や梁を目利きしながら接合部をノミを使い、加工し、現地で組み立てを行っていました。この「刻み」という加工工程は、30坪の住宅で10~14日、その精度においても加工する大工の技量に依存するものでした。

E-Style工法は安定した品質、強度をを保つために、
①材料精度の高い集成材や金物の使用
②一定の品質を確保するプレカット加工
③施工においては指定の金物をピンで結合するだけ
といった方法を取り、良質な住宅を供給する進化した木造住宅なのです。

E-Style工法は強度が明確な集成材、金物を使用するため、荷重のかかる箇所には耐えられるだけの梁や金物を使うこと、また専用の構造CADにより、適切な設計が行えるのもひとつの魅力です。

E-Style工法は金物工法専用の最新プレカットラインにより、「ナイスプレカット㈱」で加工され、全国に配送されます。発注から現場物流まで一貫して行うことで安心した品質を確保しています。

住まいを長持ちさせるには、適材適所に材料を使う必要があります。E-Style工法では木材の中でも耐久性、湿気にも強いベイヒバ集成材を土台に、柱や梁はレッドウッド集成材を使うことで、安定した品質を確保することはもちろん、耐久性の高い構造体を構成しています。また接合部の金物は3層の防錆加工を施されているため、錆びにも強く、より永くお住まいいただくことに寄与しています。

テナンビーム

テナンビームは高精度・高強度にとどまらず、集成材の力を充分に生かす、バランスの良い接合部を実現します。

テナンビームの背の部分には丸ホゾがついています。この丸ホゾ、あご効果を発揮します。横架材の下がりを制御するだけでなく、金物の両翼が内側によってしまう危険を解消する働きを備えています。

テナンビームは溶融亜鉛メッキ銅板(亜鉛付着量275mg/㎡)を素地に、りん酸亜鉛処理を施し安定した皮膜下地を作り、さらに耐食性に富む樹脂系塗料でコーティング。3層の防錆効果により長期間強度を維持します。

テナンビーム接合は、スリットとボルト穴の最小限の切り欠きで、集成材の特性を生かした強い接合部となっています。

テナンビーム用のグレイトピンは径13.5mm(通常は12mm)。それに対して穴径は14mmとわずか0.5mmのクリアランスで、高強度、高精度を実現します。

テナンビーム接合は、スリットとボルト穴の最小限の切り欠きで、集成材の特性を生かした強い接合部となっています。

構造用集成材

構造用の集成材は、厚さ2~3mmの板(ラミナ)を、乾燥させ、大きな節や割れ、腐れなどを取り除き、
接着剤で貼り合わせたものです。接着剤には、レゾルシノール樹脂、またはインシアネート樹脂を使用しています。

  • 5つの特徴
  • 高精度

    木材は、水分を含んでいるため、感想が不十分だと、そり、割れを生じてしまいます。構造用集成材は、含水率8~12%に乾燥しているため、狂いにくく割れにくい材料といえます。

  • 高耐久

    気が腐る原因は腐朽菌です。腐朽菌は、含水率20%以上で活動が活発になるといわれております。構造用集成材は、あらかじめ、きちんと乾燥してあり腐りにくい材料です。

  • 高強度

    大きな節、腐れなどの欠点を取り除いて積層することにより品質を均一化し、強度性能を高めました。性能が明確で保証される構造用集成材は信頼性の高い部材です。

  • 軽くて強い

    建物の骨組みは、まず自分自身の重さを支えなければなりません。また、建物が受ける自身の力は重いほど大きくなります。軽くて強い木は優秀な構造材料です。

  • 断熱性

    木材の熱伝導率は、鉄の1/200、コンクリートの1/4の低さで、断熱性にも優れています。また、調湿能力にも優れ、日本の気候風土に最も適した住宅材料といえます。

強さの秘密

榮彩建設の地震や台風に強い家とは?

榮彩だからできる適正価格のしっかり家づくり

横浜の注文住宅のことなら

〒230-0071 神奈川県横浜市鶴見区駒岡4-21-13

注文住宅に関するお問い合わせこちら!
お気軽にご相談ください。

045-580-7888

営業時間 8:30~19:00(火・水定休)

メールでのお問い合わせ

pagetop